地域商品の開発

2014/1/24 ~新商品紹介~「官兵衛ストラップ」

備前焼のルーツである須恵器を焼いた窯がある「寒風」。この地の土を用いた「官兵衛ストラップ」が寒風陶芸会館から発売されました。
ストラップは両面に黒田家の家紋「藤巴」があしらわれており、焼成の際には黒田官兵衛の曾祖父が眠る妙興寺の樹齢約400年の大イチョウの落ち葉も一緒に焼かれています。
歴史に思いを馳せながら1個1個丁寧に作られた手作りストラップです。1個500円。
問い合わせ先:寒風陶芸会館 
TEL/FAX: 0869-34-5680 E-mail: info@sabukaze.com

2014/01/22 ~新商品紹介~ 特別本醸造「官兵衛の里」

瀬戸内市の高祖酒造が、NHK大河ドラマの主人公・黒田官兵衛ゆかりであり、日本刀のふる里である備前福岡をイメージした特別本醸造酒「官兵衛の里」を発売しました。
岡山県産の朝日米を使い、精米歩合は60%、アルコール度16度のすっきりとした飲み口の良いお酒に仕上がっています。
土産として手軽な300ml入り、525円。ぜひ味わってみてください。

2014/1/18 仲﨑邸お土産コーナー!

本日より備前福岡
仲﨑邸にお土産コーナーもできました。
毎週土日10時〜15時です。

2014/1/18 仲﨑邸カフェがオープン!

本日より備前福岡
仲﨑邸カフェもオープンしました。
毎週土日10時〜15時です。

2014/1/17 瀬戸内市フェアでPR

岡山市内のデパートで4日間開催された瀬戸内市フェアで特産品や加工品の販売とともに、黒田家“礎”の地「備前福岡」をPRしました。
立ち寄った方は瀬戸内市の食を楽しむとともに黒田官兵衛ゆかりの地への関心を寄せました。
備前福岡が福岡市の地名由来であることの認知度は5割近くと非常に高くなっており、注目の高さを改めて実感。暖かくなったらぜひ訪れますという声も数多く聞かれました。
子ども用の甲冑着付け体験もあり、多くの子どもが兜をかぶり、親子で記念撮影するなど楽しみました。

2014/1/16 おもてなしのために ~地域セミナーを開催~

新年早々から、黒田官兵衛ゆかりの黒田家“礎”の地「備前福岡」に来られる観光客の姿が多く見られました。
地域住民も観光客と会う機会が多くなるため、挨拶はもちろん、簡単な地域の紹介ができるようにと地域セミナーを開催しました。
セミナーでは、NHK岡山放送局長や市担当者からの話があり、黒田官兵衛と備前福岡とのかかわりなど改めて確認する機会となりました。
地域住民がおもてなしの心でお待ちしています。

2013/11/24-25 モニターツアー募集しました!(終了)

日本刀の聖地『備前長船』と黒田官兵衛つかりの地『備前福岡』を巡るモニターツアーの募集が始まっています。
①備前おさふね刀剣の里では、刀剣を見るだけではなく、職人の作業を見て語って、伝統工芸技術の粋を体験。
②700年の時を経て、福岡の市の賑わいが蘇った「福岡の大市」では地域の特産品や食を堪能。
③牛窓オリーブ園で瀬戸内海の多島美を眺め、海辺のリゾートホテルで宿泊。
④黒田官兵衛ゆかりの備前福岡や備中高松城址をボランティアガイドと巡って歴史に思いを馳せる。
地域の魅力がギュと詰まった新大阪発着ツアーです。
ぜひご参加ください!

≪お問合せ先・お申込≫
JTB中国・四国岡山支店
TEL086-232-3441
FAX086-223-7759
営業時間9:30~17:30(土・日・祝日休業)

2013/11/14 第2回ボランティア研修会を開催

松江市のNPO法人松江ツーリズム研究会 山本素久 理事長を講師に迎えて研修会を開催しました。
観光ボランティアガイドの役割や心構えなど講師の経験をもとにした話があり、参加者の意識を高めることができました。来られる方にとって「地域の顔」となる観光ボランティアガイドが、多くの感動を提供できるよう今後も研修を行います。

2013/10/24 ワークショップ最終回

着地型観光商品づくりをめざしたワークショップ最終回が行われました。
地域の方から提案や意見が活発にあり、楽しいたびができそうです。
今後は出てきた提案や意見を旅行のプロが精査して、新たな旅行商品へつなげていきます。「刀剣の聖地×備前長船」「黒田官兵衛×備前福岡」を巡る旅へぜひお出かけください。地域みんなで、ガイドブックにない地域ネタを用意してお待ちしております。

2013/10/9 瀬戸内市協力講座で魅力をアピール

大阪で瀬戸内市協力講座として「刀匠が語る!あさふね“日本刀”のルーツとその魅力」「黒田家発祥の地備前福岡と黒田官兵衛」の2講座が開催されました。
全日本刀匠会副会長の三上貞直刀匠からは、刀の歴史や作り方、技術などの話がありました。また、三上刀匠が考案中の刀の刀文を覚える体操もあり、楽しく刀の基礎知識を得ることができました。
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の時代考証を務める小和田哲男先生からは、黒田家のルーツや黒田家の備前福岡移住、黒田官兵衛の活躍などの話があり、最後に筑前の地に福岡と名付けたのは黒田家が飛躍した備前福岡の地のようにここでも飛躍できるように願ったのではないかとありました。
長時間の講座になりましたが、時間を忘れるぐらい魅力的な講座となり、参加者は刀剣の聖地「備前長船」と黒田家“礎”の地「備前福岡」を巡る旅に出かけたい気持ちになりました。

2013/10/7 「黒田官兵衛×備前福岡」パンフレットができました

来年のNHK大河ドラマの主人公である「黒田官兵衛」とその黒田家〝礎″の地である「備前福岡」のパンフレットが完成しました。
黒田家と備前福岡のつながりや備前福岡のまち歩きポイントなどわかりやすく紹介しています。
パンフレットを読んで、歩いて、備前福岡のまちを楽しもう!

2013/9/18 新商品誕生なるか?商品開発セミナー③

3週連続の「商品開発セミナー」最終回が開催されました。
既存商品の見直しを行った結果、商品価値が高まり、販売が伸びた事例などを学んだ後、今までに参加者から意見のあった地域資源をヒントにした商品の提案がありました。
こだわりの素材を結びつけた新たな魅力ある商品の話や実際に試作した商品の試食などあり、予定時間を大きく越える盛り上がりとなりました。
まもなく地域を活かした新商品が誕生することでしょう!

2013/9/12 商品開発セミナー②

第2回目となる商品開発セミナーが開催されました。
岡山県内での成功事例を参考にして、なぜ売れるのか、なぜ価値が高いのかなど学び、どのように自分たちの商品に落とし込めば良いのかなど考えました。
また持ち寄った自分たちの商品を紹介し、資源を活かした物語ができているか、物語ができるのか、どこを改善して伝えればよいのかなど意見交換しました。
次回最終回は、資源を活かした商品プランをみんなで考えたいと思います。

2013/9/10 備前福岡土産品開発セミナー

毎月開催しています新商品研究会の特別編として講師をお招きし、地域の方も交えてのマーケティングの講習を受けています。本日は2日目。だんだんとマーケティングの重要性が把握できています。
プロポーザル法やジョイントの可能性が見えてきたようです。来週の総仕上げで何かうまれそうです…

2013/9/9 商品開発セミナー

旅の楽しみの一つがお買い物。来訪者に手に取ってもらえるストーリーある商品づくりを進めるため、商品開発セミナーが始まりました。各地で商品開発を手がけている講師から今回は先進地の事例や開発のプロセスなど基本的なことを学び、最後に商品開発につながる素材を再認識するため、地域資源の書き出しを行いました。

2013/9/9 観光資源の掘り起こし第2回ワークショップが開催されました

9月9日(月)に第2回目のワークショップを開催し、地域資源を活かしてどんな観光商品が作れるか、地域として何ができるか意見交換をしました。
グループ討議では、時間やテーマに合わせたツアーコースづくりやおもてなし、ボランティアガイドの資質向上など意見交換が活発に行われ、地域で取り組むべき方向が見えました。
次回は具体的なコースづくりを学びます。

2013/8/5 観光ガイドのおもてなし研修を実施しました!

8月5日に『瀬戸内市観光ボランティアガイド研修~気持ちと知識を上手に伝えよう!~』が開催されました。 瀬戸内市の豊かな自然、奥深い歴史等に育まれた文化と伝統を備前長船・備前福岡に訪れた多くの観光客に実感していただく為に、知識量は勿論の事、案内する人の人柄や“聞いていて楽しい”と感じていただく知識の伝え方が重要。そこで、ガイドさんとして求められる基本的応対マナーと来訪者(観光客)に興味深く伝える話し方のポイントと要望に合わせてガイドする事の大切さを再確認するために講師に全国で「接客・接遇研修」等を多数手がける、渡壁ほづみ氏を招いてセミナーを実施しました。 受講したボランティアガイドの皆さんからは、『とてもためになり、これから活用したい』『改善すべき点があることがわかった』等の声がきかれ、知識だけでない、ガイドの奥深さを実感していました。

2013/7/31 観光資源の掘り起こしと再確認のワークショップを開催しました。

 7月31日(水)に備前福岡の町で、備前長船・備前福岡の歴史・文化を活かし、観光地域作りの一助とする為、地域住民参加の上、第一回のワークショップが行われました。
フィールドワークによる観光資源の洗い出し、ガイドの実演後、ワークショップで、様々な意見、気付きを出し合いました。
 黒田家縁の地というだけでなく、備前福岡の抱える深い歴史・文化に改めて皆がこの地の可能性を感じる一方、今後の課題も含めて、意見を共有しました。
第二回、ワークショップは9月9日(月)を予定、究極の質問、何故、そこに行かなければならないのか?を中心にワークショップを行う予定です。

2014/7/22 地元関係者が集まり観光地づくりを考える全体セミナーを開催!!

7月22日に瀬戸内市において備前長船、備前福岡の関係者40名程が集まり、今後の地域づくり、観光地づくりにむけて、株式会社ジェイティービー旅行事業本部観光戦略室観光立国推進担当マネージャーの山下真輝氏のセミナーを受けた上で、率直な意見交換を行いました。
【デザイン思考で魅力ある観光地づくり〜新しい市場をいかに生み出すか?〜】
と題した山下氏の講演は、各地の様々な事例を交えながら、「地域づくりによる観光」「モノを売るのではなく、経験を売る」「地域の魅力を開発・発掘し、物語化」「人が集まる仕組みをデザインする」「ニッチを狙え≠マスを狙わない」「人は理由がなければ行動しない」「究極の質問はなぜ、そこに行かなければならないのか」等々、熱弁をふるわれました、集まった地元の関係者達からは『とても共感した』『前に進める気がする』『私達が何をすべきかを自覚できた』等、前向きなコメントが聞かれました。

2013/7/17 できました!『官兵衛せんべい』

黒田家の“礎”の地である『備前福岡』。
黒田官兵衛と息子・長政が筑前の国に新たに城を築いた時、その地を黒田家にとって大切な地である備前「福岡」からとり、筑前「福岡」と名付けました。今の福岡県福岡市の地名由来です。
そんな黒田官兵衛とつながりのある瀬戸内市。ここに工場を持つおかき・せんべいの企業が『官兵衛せんべい』を開発しました。
国産うるち米を使い、播磨・岡山などのしょうゆで焼き上げたせんべいに、瀬戸内海産ののりをまぶした、甘醤油のまろやかな味わいのせんべいです。
備前福岡の旅の思い出・お土産にどうぞ。近日販売(12枚入り525円)。