宇喜多興家

宇喜多 興家(うきた おきいえ)

備前国の国人で浦上氏家臣。砥石城主宇喜多能家の嫡男。弟に四郎、子に宇喜多直家、忠家、春家。
室に宇喜多直家の生母、阿部善定娘(忠家、春家の母)。
大永4年(1524年)、能家より家督を譲られる。
1534年(天文3年)に父・能家が島村盛実により砥石城を攻められ自害した際、子の直家を連れ備後国鞆津まで落ち延びる。
後に備前福岡の豪商阿部善定に庇護されると、善定の娘を娶り、忠家、春家の男児2人[1]に恵まれたが、1536年に病死。没年は1540年とする説もある。
既に家督をゆずられ家長となっていたにも関わらず、抵抗もせず城を明け渡し逃亡したことを受け、興家は暗愚であったと後世評されるが、宇喜多氏の家名、幼い直家を守るためにあえて暗愚を装っていたという説もある。

墓所は岡山県瀬戸内市長船町の妙興寺。

ukitaokiiekonohaka1 (出典:wikipediaより)